カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

山本 純米大吟醸 秋田酒121号 試験醸造酒 1800ml

秋田酒120号・121号の二種は秋田県が開発したオリジナルの酒米で、平成10年開発の「秋田酒こまち」以来、秋田県では久々に登場した新品種です。 現在は登録申請中で、120号は「一穂積」、121号は「百田」と品種名が決まっています。 一穂積(秋田酒120号)は新潟県の越淡麗と秋田酒こまちを交配した品種で、淡麗で雑味が少なく、フレッシュな酒質に仕上がる特性があります。 百田(秋田酒121号)は、人気の高い兵庫県の山田錦を親に持つ酒米二種類を掛け合わせた品種。 山田錦に似た性質で、芳醇で後味にふくらみのある深い味わいが特徴です。 名前は秋田の田圃が広がる風景をイメージしました。
登録後の本格作付け予定の2020年を前に、山本合名も試験醸造としてこの二種を使用し純米大吟醸にトライ、秋田県内の中でも先駆けて商品化しました。 酵母には蔵付分離酵母・ゴージャス山本を使用しています。
120号はタンパク質が「酒こまち」並みに低く、酵母の特性が素直に表現された味わいとのこと。 ファーストタッチは酵母由来のゴージャスというか「甘美さ」をイメージしますが、その甘みにはどこか品の良さがあって、清楚で「凜」とした美酒というスタイルです。 独特のフルーツ感やガス感も、山本の基本的な路線をそのまま出していますが、この品のある美味しさはやはり米の持つ力かもしれません。
121号は、思いのほか繊細で可憐な印象、香りもやや控え目ですがチャーミング、山本らしいフレッシュ感に満ちたモダンな味わいです。 甘みと酸味に爽快感がありますが微かな渋味もアクセントになって、これはなかなか杯が進みそうな美味しさです。 酒器はワイングラスでもしっくりきそうです。 お料理にも合わせやすい有能な純米大吟醸です。

山本 純米大吟醸 秋田酒121号 試験醸造酒 1800ml

メーカー:山本合名会社
型番:0120-42-1800
価格:

3,800円 (税抜 3,519円)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

秋田の地酒 山本 純米大吟醸 秋田酒121号 試験醸造酒。 秋田の原風景「百田」の名に込めて。

■ 商品仕様

製品名山本 純米大吟醸 秋田酒121号 試験醸造酒 1800ml 【秋田の地酒】
型番0120-42-1800
メーカー山本合名会社
外寸法 幅100mm × 奥行100mm × 高さ400mm
製品重量2800g

■産地:秋田県八峰町 ■造り:純米大吟醸 ■容量:1800ml ■価格(本体):3,519円
■原料米:秋田酒121号(百田) ■精米歩合:50% ■使用酵母:ゴージャス山本
■日本酒度:-- ■酸度:-- ■アルコール度:15%

【酒造年度:30BY】
【発送:クール便推奨】
【保存:冷蔵推奨】
【発売:5月から】

ページトップへ